メインイメージ画像

新耐震基準に適用した物件選び

忘れてはならない程の大震災がつい数年前に日本で発生しました。多大な被害から生まれた教訓を生かして、これからは新耐震基準に合格した賃貸物件を選んではいかがでしょうか?地震は予想がとても困難ですから、常に最大限可能な予防策を施しておきたいですね。建築基準法は数回の改正を繰り返していますが、新耐震基準と言われているのは1981年に改定された基準を指しています。賃貸物件を探す際はこの新耐震基準を満たすものが安全でしょう。ただ、改正後間もなく検収されたビルであれば、古い法基準を適用していることもありえますから注意しましょう。事務所を借りる前に、その建物の耐震性をチェックしておくのが大切です。

いずれ震災が来た場合の対策として、しっかりした耐震性が不可欠です。耐震についての法律は今までに何回か改正されていますので、どの改正の基準法に基づいた建物か調べておくことが賢明です。近頃は防災対策に関するアンテナ感度が高まっていますから、多くの賃貸業者で耐震性能が優れているという点を重視して物件紹介を展開しています。安全面はどんなことより重視すべきですので、妥協のない事務所を探すようにするのが賢明です。事務所の特長は、内装を好きなように変更できるという点でしょう。

イメージ画像

工事費用は掛かる一方、企業イメージやスタッフの事業形態に最適な内装レイアウトを一新することができます。また一方では、居抜き事務所でそのまま使えそうな内装の事務所を探せば、内装の工事なしに事務所として利用できるのです。こうすれば高額な改装工事が省かれるので、大きな費用削減が可能です。それ以外にも、レンタル料は割高になるものの、短期のみの賃貸ならレンタルスペースを使うというアイデアも便利です。事務所を選ぶ場合の注意点を考えてみませんか。

事務所を借りる利点として、内装やインテリアの配置を自由に変更できるというところがありますね。一方、その側面として、多くの賃貸契約の中には現状復帰義務があるのを忘れてはなりません。これは、ビルを契約した最初の状態に戻してから退去することを要請するという契約です。つまり、あまりにも大掛かりな内装工事を施すと、解約時に思わぬコストが発生してしまいます。このことに気をつけてプランニングをしましょう。