メインイメージ画像

貸事務所の耐震強度を比較して検討する

まだ、賃貸事務所を迷っているなら、耐震強度を比較して検討しましょう。大体同じ条件の物件があって、最終的にどの事務所にするか迷うことは多いでしょう。そういうケースでは、やっぱり耐震機能を比較して考えるのが安心です。耐震性の比較項目としてチェックすべきは、いつ工事が行われているかが重要です。まずは、新耐震基準を満たしている1981年より以降に着工していることが重要ポイントです。

イメージ画像

その中から、より新しい耐震性能を具備しているビルが好ましいでしょう。事務所を新しく借りるなら、バリアフリー設計になっていることは必須です。昨今、バリアフリー化はハード面だけでなく、多くの人々のマインドにも定着しているのが事実です。通常の企業であれば、事務所がバリアフリー化されているのが当然との認識も広まっています。また、せっかくのビジネスチャンスも、バリアフリーしていないがために逃すことも十分に想定されます。

幅広いビジネスを展開するためにも、オフィスのバリアフリー化を進めましょう。事務所を選ぶなら、交通の利便性を調査しておくのは大変重要です。というのも、これから経営を始めるにあたり交通の利便性が良ければ、顧客にとっても、毎日通勤する社員の立場からも好条件だからです。来客者からしてみれば当然ですが、従業員にしてみても通勤時間が多ければその分だけ無駄な時間が増えますし、利便性の高い場所である場合実力のある人材も集まりやすいと言えます。こういった事情を踏まえた上で、家賃の費用負担も考えて事務所の検索をしましょう。

事務所の便利な点は、内装を好きなように変更が可能という点です。工事コストは必要ですが、企業のコンセプトや自分たちの業務スタイルを元にして内装を決めることができます。費用面で厳しい場合、居抜き事務所でそのまま使えそうな内装の事務所を選べば、内装を工事せずに事務所として利用できます。こうすれば費用の高い改装工事が省かれるので、大幅なコストカットができるのです。その他にも、レンタル料は若干割高ですが、スポットでの利用のみならレンタルスペースを使うという方法もお得です。